『土佐日記』帰京 現代語訳 おもしろい よくわかる

更新日:

『土佐日記』帰京 の原文冒頭

京に入りたちてうれし。
家に至りて、門に入るに、月明ければ、いとよくありさま見ゆ。
聞きしよりもまして、言ふかひなくぞこぼれ破れたる。
家に預けたりつる人の心も、荒れたるなりけり。
中垣こそあれ、一つ家のやうなれば、望みて預かれるなり。さるは、便りごとに物も絶えず得させたり。今宵「かかること。」と、声高にものも言はせず。
いとは辛く見ゆれど、志はせむとす。さて、池めいてくぼまり、水つける所あり。
ほとりに松もありき。五年六年のうちに、千年や過ぎにけむ、片方はなくなりにけり。
いま生ひたるぞ交じれる。おほかたの、みな荒れにたれば、「あはれ。」とぞ、人々言ふ。
思ひ出でぬことなく、思ひ恋しきがうちに、この家にて生まれし女子の、もろともに帰らねば、いかがは悲しき。
船人もみな、子たかりてののしる。
スポンサーリンク

『土佐日記』帰京 のあらすじ

帰京して荒れた自宅を見たときの悲しみと、土佐で亡くした娘への哀惜。

『土佐日記』帰京 の超現代語訳

とうとう京都に入った。うれしい。
家に着いて、門を入ると、ちょうどいい月の時期で、明るくて家の様子がよく見える。

噂には聞いていたけれど、それ以上に話にならないほどの痛み様だ。
きっと家を見てもらうように頼んでおいた人の心も、すさんでいたんだろうよ。

垣根こそあるけれども、
隣の家とは地続きの一つの屋敷みたいなものだから預かるよと、
隣から望んで預かっていたのに、この有様だ。

まぁそうだと言っても、土佐からは京への何かあるときは毎回、贈り物もずっと取らせてきた。

まぁだけれども、今夜は
「こんな荒れさせてしまって」
などとみなが騒ぎ立てなうようにしておく。
これではひどいとは思うけれども家を預かってもらったお礼はしようとは思う。

スポンサーリンク

話は少し変わるけれども、 京の家の庭には、池のようにくぼんで水が溜まっている所がある。
その縁に松もあった。

この五、六年京を離れている間に、千年も過ぎてしまったのであろうか。
松の一部分はなくなってしまっていたのだよ。

一方でこの頃新しく芽を出したものが交じっている。
松は根っこが同じの新芽が出ることがあるのだ。

松もそうだが、屋敷のほとんどがすっかり荒れてしまっているので、
「なんとも言葉がない」
と、みなが言う。

ひと時も思い出さないことはなく、
恋しいたくさんの思い出の中でも、
この家で生まれた女の子が土佐で亡くなったので、今一緒に帰京していない、
それを思うと深い悲しみが襲ってくる。

船がつくやいなや、
船頭たちもみな、子どもたちが寄ってきて歓迎の大騒ぎしている。

見ていると辛い。
どうしても悲しみに耐えられなくなって、
自分の気持ちをわかってくれる人と密かに歌を詠み交わした。

生まれしも帰らぬものをわが宿に小松のあるを見るが悲しさ
ここで生まれたわが子は京には一緒に戻れなかったなぁ。
でも、その我が家に小松が新しく生えている。
松は新芽を生やしている。
一方で自分には・・・見るだけで悲しい。

と詠んだ。

それでもまだ満たされないのであろうか、また、このように詠んだ。

見し人の松の千年に見ましかば遠く悲しき別れせましや
もし亡くなった娘が、この松のように千年も寿命があって、今そばで見えるというのなら、遠い土佐での永遠の辛い別れはしなくてすんだのに。

忘れられない、悔やんでも悔やみきれないことが多すぎて、
ここには書き尽くすことはできない。
ともかく、こんな日記は早く破り捨ててしまおう。

先生の感想

この段を読むと、
作者紀貫之の家族への愛情がストレートに伝わって来て、
ぐっときますね。

子を思う気持ちは昔も今も同じです。

松の木の生命力と子の命の儚さを比べているあたりはさすがです。

一方で、家を預かった隣人への不満を書いているのも、
凡人と変わらず、また魅力的ですね。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

ツールバーへスキップ