機内食ご紹介 ANA成田からヨーロッパ便

飛行機の長旅の楽しみに、機内での食事や飲み物があります。
特に長い時間のフライトでは、何度か提供されるスナックや機内食が大きな癒しになります。

成田からブリュッセルまで12時間の旅で出された機内食

12時間のフライト中、5回飲み物や食べ物のサービスがありました。

飲み物のサービス

11時出発
11時半
ペットボトルのお水とお手拭き。

飲み物とおつまみのサービス

12時半(出発1時間半後)

飲み物とおつまみ。
飲み物はリストから選べます。
「茅乃舎のだしスープ」はANAならでは。あったかくておいしいです。日本酒もビールももちろんワインも。
ビールは麒麟一番絞り、サッポロ黒ラベル、プレミアムモルツから選べます。
ノンアルコールのオールフリーもあります。
日本酒は「一の蔵特別純米酒 辛口」です。ANAオリジナルラベルの特別なもので、大変美味しいです。

機内食 ランチ

13時(出発2時間後)

チキンカレーが牛丼かです。
牛丼はお肉も柔らかく味付けもなかなか。

チーズとクラッカーはお約束。

デザートにはハーゲンダッツのSサイズが食事後に配られます。
コーヒーと一緒にいただきます

サラダもついていますから、
飲み物に出汁スープをいただけば、
ちゃんとしたランチコースになります。

食事が終わって、一眠りして起きると、「小腹が空いた」なんてことはよくあることです。

スポンサーリンク

その時は、機体後ろのギャレーに行ってみましょう。こんな具合いにスナックが用意されています。

機内のおやつタイム

15時(出発4時間後)

ギャレーにスナックやバナナが並びます。
スナックはポテチとエビせんべい、あられ、チョコです。
もちろんどれだけでも。
エビせんべいは個包装の高級なもの。
何枚もお代わりしたくなります。
チョコは明治の一般的なもの。

機内食 ディナー!?

20時30分(出発9時間半後)


夕食
洋食はオムレツとソーセージ、和食は白身魚の西京焼きとお煮しめ。

濃いめの味付けが長旅で疲れた体にはとっても美味しく感じられます。夕食は朝ごはんの扱いなので、軽めです。

22時半(出発11時間半後)到着です。

量は多くなく、味付けは良く、お酒の種類も多く、大変満足できました。

最初のお食事のときに、ゆったりとお酒やワインを楽しみながらいただくといいのですが

狭いエコノミーでは、イヤホンのコードや何やらで結局毎回大急ぎで食べてしまいますね。

次はビジネスで行きたいものです。

スポンサーリンク

-旅ブログ

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ