小平奈緒選手 名言集 平昌オリンピック「百花繚乱」

小平奈緒 選手 平昌オリンピック 名言集

平昌オリンピックのスピードスケート選手、小平奈緒さん。

彼女の言動の素晴らしさが話題になっています。

特に金メダルが決まり、日の丸を背負ってリンクを周遊している時に、
口惜しくも銀メダルに終わってしまった韓国のイ選手を抱き寄せて、
労いの言葉「チャレッソ」をかけた場面では、
胸が熱くなった人も多いことでしょう。

また自分が滑り終えた直後には、
オリンピックレコードで湧く観客に向かって、
口に人差し指を立てて静まるように促しました。
次の走者への配慮です。

真のアスリートだと感じます。

「人格は言葉に現れる」
とよくいわれますが、
小平奈緒選手は 人格が素晴らしい。
だから含蓄のある、重い言葉で語ります。

先日、ある番組で、小平選手が、
陸上トレーニングをする時の
シューズを作ってくれている工房を訪ねて
お礼をしている場面が放映されていました。

小平選手はメダルを持参して見せるとともに
小さなものでしたが、工房の方全員にお土産を
準備していました。

何という気遣いなのでしょう!
お土産に感動して泣いている方もいらっしゃいました。

さて、先の平昌オリンピックでは、私たちが大事にしたい言葉をたくさん聞きました。
オリンピックで各選手が活躍を競った姿を
「百花繚乱」
という言葉で締めくくってもくれました。

小平奈緒選手のすばらしい言葉の数々を見てみましょう。

スポンサーリンク

小平奈緒 名言集 家族になんと伝えたいですか?

金メダル獲得翌日のインタビューから。

小平奈緒選手の言葉

よかったときもダメだったときも
本当に成績だけでなくて、
私がやっていることに対して常に認めてくれていた。
その点に関して本当に感謝したいということを伝えられたらいいなと思います。

いい時もあれば悪い時もある、
それを全てひっくるめて認めてもらえたことへの感謝。

親御さんとの温かな関係が見えてきます。

小平奈緒 名言集 金メダルを早くかけたい気持ちですか?

スポンサーリンク
小平奈緒選手の言葉

金メダルをもらうことはとても名誉なことですし、
嬉しいことなんですけれども、
メダルという物よりも、
私自身はこのメダルを通して
どういう人生を行きていくかということが大事になると思う。

メダルそのものよりも、
その後の行き方に思いを馳せる真摯な姿勢。
学びたいです。

小平奈緒 名言集 三大会出場に及んだオリンピックとは?

小平奈緒選手の言葉

バンクーバーは成長、
ソチは屈辱、
今回はまた成長。成長するというのは、学びが多いということ。

小平選手は、以前に
「永遠に生きるかのように学べ、明日死ぬかのように生きろ」
というガンジー言葉も引用しています。

「成長は学ぶこと」
これは名言中の名言です。

学びを諦めなければ誰でも成長する。

今大学入試の結果が来ている時期です。
たとえ第一志望に通らなくても、
学ぶ気持ちが人を支えます。

学びをやめない、
そんな気持ちを持ちたいですね。

小平奈緒 名言集 オランダでの経験は?

今回の言葉ではありませんが、
オランダで修行した後で、
その感想を聞かれた問いにこう答えています。

小平奈緒選手の言葉

与えられるモノは有限だけれど、求めるモノは無限。

人から与えられるものには限界があるけど、
自分から探し求めるものには限界がないという意味です。

求道者としての経験が生きた言葉です。

もっともっと成長したいという気持ちにあふれています。
成長するためには自分から動くことが大事とも考えられます。

人のせいにしない潔い生き方です。

小平奈緒 名言集 ソチ五輪後のインタビューでは?

小平奈緒選手の言葉

ベストは尽くしたんですけど届かなくて。

私にとってのスケートは『学び』なので、自分のレースを一生懸命やった後はしっかりと他の選手の滑りを学んで必ず超えたいなと思いました。

人生は学びの連続。

これからの時代は、人が100才まで生きるようになります。学びをやめないという心掛けは、豊かな人生を過ごすためのキーワードになりそうです。

王者になっても学びをやめない。

小平選手から学びたいです。学び続ける姿勢を。

これから人生を開いていこうとしているみなさんにはぜひ聞いてもらいたい言葉ばかりでしたね。

スポンサーリンク

-雑記, イベント

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ