『更級日記』源氏の五十余巻 現代語訳 おもしろい よくわかる 古文

『更級日記』源氏の五十余巻 の原文冒頭

かくのみ思ひくんじたるを、心も慰めむと、心苦しがりて、母、物語などもとめて見せ給ふに、げにおのづから慰みゆく。紫のゆかりを見て、続きの見まほしくおぼゆれど、人語らひなどもえせず、誰もいまだ都なれぬほどにて、え見つけず。

いみじく心もとなく、ゆかしくおぼゆるままに、
「この源氏の物語、一の巻よりしてみな見せ給へ。」
と、心のうちに祈る。親の太秦にこもり給へるにも、ことごとなくこのことを申して、
「出でむままにこの物語見果てむ。」

『更級日記』源氏の五十余巻 のあらすじ

辛いことがあって、この気持ちを切り替えるためにも、源氏物語を益々読みたくなっていたところ、おばが下さったので熟読してとても満足できたというお話。

スポンサーリンク

『更級日記』源氏の五十余巻 の超現代語訳

乳母やお知り合いの姫様が相次いで亡くなって、
わたくしがこのようにふさぎこんでいるのを見たお母様が、
何とか慰めようと気の毒に思って、
色々な物語などをお探し下さってお見せくださったの。

それで物語を読んでいるとね、本当に自然と心穏やかになっていったのよ。

でもやっぱり読みたいのは源氏物語
「紫の上」のところだけみてどうしても続きを読みたいって思うのだけど、
だれにも相談することもできなかったの。

スポンサーリンク

家の人はみんなもまだ京の生活に慣れないから、
源氏物語を見つけることなんて、到底無理みたい。
せっかく京に来たのにって、
本当にじれったくって、
もう読みたい気持が高まって高まって、

「この源氏の物語を、一の巻から皆お見せください。」
っていつもいつも心のなかでお祈りしてたの。

京の太秦(うずまさ)にお篭(こも)りして、
天下泰平とか家内安全をお祈りすることがあったんだけど、
その時にも、わたくしはほかの事は一切頼まずに、
源氏のことだけを一心にご祈願申し上げてたのよね。

「このお籠りから出たらすぐに全巻お見せくださいまし」ってね。

だけどだめだったわ。

本当に残念でね、
悲しくてがっかりしていた時に、
田舎からおばさまという方が上京なさったの。

その方がね、

「まぁなんて素敵な女性になられたことかしら」

っておっしゃって、
わたくしのことを愛おしくも大切にも思ってくださって、
帰り際にこうおっしゃったの。

「こんなに素敵な貴女には何を差し上げたらいいのやら。実用的な物では嬉しくはないわね。貴女がずっと欲しいと言っていた物を差し上げますわね」

それで、

なんと、

源氏物語を下さったのよ!!!

源氏物語全巻!
しかもお箱入り!

あり得ないわ。
御仏様のご加護かしらねぇ。

他にもいただいたのよ。

在中将、とほぎみ、せり河、しらら、あさうづ。

これら全部の物語を一袋に入れて、
いただいて帰るときの気持ちったらなかったわ。
嬉しくて嬉しくてね、たまらなかったのよ。

田舎にいる時からずっと読みたかったんですから。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ