おもしろい現代語訳

『大鏡』花山院の出家その1 現代語訳 おもしろくてよくわかる古文

『大鏡』花山院の出家の原文冒頭 次の帝 、花山院天皇と申しき。冷泉院の第一の皇子なり。御母 ...

『枕草子』中納言参り給ひて 現代語訳 おもしろい よくわかる 古文

『枕草子』中納言参り給ひての原文冒頭 中納言参り給ひて、御おほん扇奉らせ給ふに、「隆家たか ...

『大鏡』雲林院の菩提講 現代語訳 わかりやすい おもしろい 古文

『大鏡』雲林院の菩提講の原文冒頭 先つころ、雲林院の菩提講に詣でて侍りしかば、例の人よりは ...

『蜻蛉日記』鷹を放つ 現代語訳 藤原道綱母 おもしろい よくわかる 古文

す 『蜻蛉日記』鷹を放つ の原文冒頭 つくづくと思ひ続くることは、なほいかで心と疾く死にも ...

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 現代語訳 藤原の道綱の母作 おもしろい よくわかる古文  

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 の原文冒頭 さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあ ...

『更級日記』源氏の五十余巻 現代語訳 おもしろい よくわかる 古文

『更級日記』源氏の五十余巻 の原文冒頭 かくのみ思ひくんじたるを、心も慰めむと、心苦しがり ...

『更級日記』 門出 現代語訳 おもしろい よくわかる古文

先生菅原孝標の娘が書いた『更級日記』の冒頭部分。 夫の死後に昔を振り返って書かれたとされて ...

『更級日記』 乳母の死 現代語訳 おもしろいよくわかる古文

先生『更級日記』は平安時代中期に書かれた回想録。 少女時代を振り返って書いています。 作者 ...

古文『伊勢物語』 東下り 駿河から武蔵 わかりやすい現代語訳

『伊勢物語』 東下り 駿河から武蔵まで の原文冒頭 行き行きて、駿河の国にいたりぬ。宇津の ...

『伊勢物語 』東下り 三河国まで 現代語訳 おもしろい 古文

1 『伊勢物語』東下り 三河の国まで 原文冒頭 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに ...

Copyright© ハイスクールサポート , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.