『伊勢物語』筒井筒 その1 古文おもしろい 現代語訳

1 原文の冒頭

昔、田舎わたらひしける人の子ども、
井のもとにいでて遊びけるを、
おとなになりにければ、
男も女も恥ぢかはしてありけれど、
男はこの女をこそ得めと思ふ。女はこの男をと思ひつつ、
親のあはすれども、
聞かでなむありける。さて、この隣の男のもとより、かくなむ。

田舎回りを生業としているおうちに生まれた男女の幼なじみのお話。

3 超現代語訳

昔の話。田舎回りをして働いている人の子ども、ある男女二人組は、小さい頃から本当に仲良し。他に遊ぶところも少ないから、大人たちがよく居る井戸の周りで遊んでいました。お母さんが炊事の準備をしている時とか。

井戸の周りには満足な遊び道具もないから、1番の遊びが背くらべ。

井戸の周りを囲む柵の高さと自分たちの身長を比べて、どっちが高いかなってじゃれ合っていました。

でも思春期になったら、なんとなくよそよそしくなってしまって。あんなに四六時中一緒だった二人も、会う機会も減り、そしてそれぞれ別の仲間の中で大人になっていきました。

いよいよ年頃になった女の子にはお見合い話がたくさん来ています。親が勧める縁談もあったんだけど、なぜかうんとは言いません。頑固に断ります。

そんな時、しばらく合っていなかった男の子から和歌をもらいます。男の子もすっかり大人になっています。

筒井筒井筒に掛けしまろが丈 過ぎにけらしな 妹見ざる間に

「昔、井戸の周りの柵と背くらべしてあそんだよね。

僕の背丈はあの柵を越えたんだよ。

貴女に会わない間にね。」

スポンサーリンク

これはもうプロポーズ!

そして女の子も返信します。

比べ越し 振り分け髪も肩過ぎぬ  君ならずして 誰か上ぐべき

「小さい頃はよく貴方と髪の長さ比べたわよね。
私達おかっぱ頭だったわよね。

私の髪、もう肩より長いのよ。
貴方のために髪上げしなくちゃ、誰のためにするのかしら?」

そうです。二人はこうやって幼い頃の想いを実らせて、晴れて夫婦になったのです。

それなのに。

続く・・・ ↓

古文『伊勢物語』筒井筒その2 おもしろい 現代語訳

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ