『土佐日記』門出 現代語訳 おもしろい よくわかる 古文

『土佐日記』門出の冒頭

男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。それの年の十二月の二十日あまり一日の日の戌の時に、門出す。そのよし、いささかにものに書きつく。

ある人県の四年五年果てて、例のことどもみなし終へて、解由など取りて、住む館より出でて、船に乗るべき所へ渡る。かれこれ、知る知らぬ、送りす。年ごろ、よくくらべつる人々なむ、別れ難く思ひて、日しきりにとかくしつつ、ののしるうちに、夜更けぬ。

二十二日に、和泉の国までと、平らかに願立つ。藤原のときざね、船路なれど、馬のはなむけす。上中下、酔ひ飽きて、いとあやしく、潮海のほとりにて、あざれ合へり。

スポンサーリンク

『土佐日記』門出のあらすじ

国司として赴任していた高知から京都まで船旅で帰還する時の日記の冒頭。女性に仮託して日記をかな文字で書くことを明示している。

『土佐日記』門出の超現代語訳

ある人が国司として赴任した土佐高知から、
地元の京都まで帰る時の旅日記をかく。

普通は男の人が、宮中の仕事で記録としてつけるのが日記。
でも女だって書いても悪くないわよねって思ったから書く。
さすがに漢文で書くわけいかないから「かな文字」使う。

ある年の12月21日、午後8時ごろに出発。
これからの旅のこと少し書いておく。

ある人が国司の任期の4.5年満了して、
引き継ぎの仕事を全部し終えて、
辞任命令書なんかももらって、
住んでる館からまずは出ました。

この当時の習慣で、遠くに旅立つという時には、
それまでのお家から直接出発することはなくて、
別の場所に移ってから出発の儀式をする。

スポンサーリンク

それで、これから京都に向けての舟に乗るはずのところに移動した。

あの人やこの人、知ってる人も知らない人も見送りをしてくれる。
この数年親しく付き合って人達は、
特に、別れ難く思って、一日中いろんな準備なんかして、
馬鹿騒ぎしているうちに夜も更けた。

22日、和泉の国まで無事に着けますようにと旅の神様にご祈願する。
藤原のときざねが、
陸路でしかしない「馬のはなむけ」をしてくれる。馬のはなむけというのはお別れの儀式で、普通は馬を使って旅するはじめにするんだけどね。

身分の上下関係なく、ひとしきり酔っ払って、全く不思議なことに、潮海だから魚が腐るなんてないのに、まるで腐った魚みたいにふざけ合っている。

先生の感想

先生

有名な土佐日記の冒頭です。
女性のふりをして、作者がかなで日記を書くことを明記しています。

生徒としてこれを学んだときは、
仮名文字の素晴らしさに気がいったのですが、
土佐日記の他の段を読んでいくと、
人間らしい気持ちの機微を沢山書いているので、
作者は女性的な感情の行き方を書くことが、
ひょっとしたら恥ずかしくて女性に仮託したのかもしれないと思うようになりました。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ