『堤中納言物語』虫めづる姫君 現代語訳 おもしろい よくわかる その1

『堤中納言物語』虫めづる姫君 その1 の原文冒頭

蝶めづる姫君のすみたまふかたはらに、按察使(あぜち)の大納言の御娘、心にくくなべてならぬさまに、親たちかしづきたまふことかぎりなし。
この姫君ののたまふこと、「人びとの、花、蝶やとめづるこそ、はかなくあやしけれ。
人はまことあり。本地(ほんぢ)たづねたるこそ、心ばへをかしけれ」とて、よろづの虫のおそろしげなるをとりあつめて、「これが成らむさまを見む」とて、さまざまなる籠箱どもに入れさせたまふ。「中にも、かは虫の心ふかきさましたるこそ心にくけれ」とて、明け暮れは、耳はさみをして、手のうらにそへふせてまぼりたまふ。

スポンサーリンク

『堤中納言物語』虫めづる姫君 その1 のあらすじ

普通は蝶々や花を好きになるのが年ごろの姫様。なのに、この姫君は虫が好き。周囲の女房たちに見せては怖がらせて毎日お屋敷は大騒ぎ。

『堤中納言物語』虫めづる姫君 その1 の現代語訳

蝶々大好きお姫様のお近くに、按察使の大納言のお姫君のお屋敷がありました。
奥ゆかしく、上品な子だったので、親御さんたちは溺愛していらっしゃいました。

でも、この姫君がおっしゃったのです。

虫めづる姫君
「世の中の人がね、花とか蝶々とか可愛いいって言うじゃない?
あれ私にはわかんない。
馬鹿みたいよ。
人は誠実が一番よ。
でもって真理を追求してこそ本物の人生って言えるはずよ」

隣の姫様は蝶々大好き少女ですのに、この姫君は違っていたのです。

全ての虫という虫で、特に気味悪そうなのを集めて、
「これがどんなになるのか見たーい」
と言って、色んな虫籠にいれさせて観察なさっていらっしゃいました。

中でも毛虫に首ったけ。

虫めづる姫君
「毛虫ってなんかもの考えてる感じあるわよね。超かわいい!」
と言って、
明けても暮れても、髪を耳になどかけてしまわれて、
取り出しては、手の甲に這わせて、楽しんでいらっしゃいます。

貴族の娘で髪を耳に挟むなんて、はしたない事なんですよ。

スポンサーリンク

周囲の女房たちに見せたがられたのですが、
若い人達は怖気付いてしまいます。

だから、男の子で身分の低い色々気にしない子をお呼びになって、
箱の中の虫を取り出させて、
名前を聞いて、
初めて見る虫には名前を付けて面白がったりなさるのです。

虫めづる姫君
「人間もね、取り繕ったりするのはだめね」
って、眉毛はぼうぼう。
全く整えなられないのでございます。

レディの嗜み、お歯黒なんてもっとだめで、

虫めづる姫君
「あーめんどい。汚くてやってられないわ」
なんておっしゃって、
お歯黒のない真っ白な歯を見せて笑いながら、
この虫どもを、朝な夕な可愛がりなさるのです。

女房たちが虫を怖がって逃げまわるので、
この姫君の部屋はいつも大騒ぎです。

怖がる女房たちを見て、姫君は

虫めづる姫君
「あー見苦しい。下品ねぇ」
と、整えていない、真っ黒な眉で睨みつけます。

女房たちはもうどうしたらよいのか、困り果てています。

『堤中納言物語』虫愛づる姫君 現代語訳 おもしろい よくわかるその2

『堤中納言物語』虫愛ずる姫君 現代語訳 おもしろい よくわかるその3

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ