『伊勢物語』筒井筒その2 現代語訳 古文おもしろい

1 『伊勢物語』筒井筒2の原文冒頭

さて、年ごろ 経るほどに、女、親なく、頼りなくなるままに、
もろともにいふかひなくてあらむやはとて、河内の国高安の郡に、行き通ふ所いできにけり。
さりけれど、このもとの女、悪しと思へる気色もなくて、いだしやりければ、
男、異心ありてかかるにやあらむと思ひ疑ひて、前栽の中に隠れゐて、河内へいぬる顔にて見れば、この女、いとよう化粧じて、うちながめて、・・・

2 『伊勢物語』筒井筒2の超現代語訳

さて幼なじみの恋を実らせて無事に結婚した二人だったんだけど、女のお父さんは早くに亡くなってしまいました。

当時は招婿婚だから、女親がお婿さんの生活まで全部見るのが決まり。ということは、お父さんが亡くなると、女はもちろん、男も立ち行かくなる可能性が出て来たわけです。

そこで、男は
「このまま妻と一緒に不甲斐ない生活送るのはまじ無理!そんなことできるわけない」と思って、早速浮気。

二人は奈良に住んでるんだけど、大阪に別の女性をつくってしまったんです。そこでまた生活の面倒は見てもらえるから、男はこれで安心って思っていたはず。

俺の考えを言うと、
妻はまぁ自分を好きでいてくれたらいいやって程度の存在だよね。

スポンサーリンク

でも、俺が浮気相手の所に行く時の妻の様子がおかしい。

俺今日大阪行くわって言っても、嫌な顔しないで出してくれるんだよね。だからもう妻も絶対浮気してるって俺は思った!

で、ある日、俺は大阪行くふりして、庭の植込みの陰に隠れて妻の様子を探ったわけ。いってくるぞって出たふり。俺が去ったらすぐさま他の男が来ると思ってね。

そしたら案の定、妻が綺麗にお化粧始めたんだ。あぁ、やっぱり浮気だなって。自分が浮気してても妻にはして欲しくない。男心はめんど臭い!自分は一夫多妻だから法的ににも問題ないしね。

化粧終わった妻が庭先に出て来たよ。いよいよだな。どんな男が来るんだ?!って構えたら、妻がね、

「今日は風が強いわね、こんな日は波も荒くなるわ。夜中にあなたが一人で立田山を越えて大阪に行くなんて、あなたの身体が心配でたまらないわ」

って歌を詠むんだよね。

俺がいなくてもちゃんと化粧までしてさ、浮気してる旦那の身体を気遣うって。。。

普通できないよね。。

もう俺の気持ちはめちゃくちゃだよ。

こんなに純粋な妻を裏切った挙句に、疑ってたなんて。
もう妻が愛しい。限りなく愛くるしいって思ったね。

でも・・・。

続く

古文『伊勢物語』 筒井筒その3 おもしろい 現代語訳

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ