『蜻蛉日記』うつろひたる菊 現代語訳 藤原の道綱の母作 おもしろい よくわかる古文  

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 の原文冒頭

さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに、箱のあるを手まさぐりに開けて見れば、人のもとにやらむとしける文あり。あさましさに、見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。疑はしほかに渡せるふみ見ればここやとだえにならむとすらむなど思ふほどに、むべなう、十月つごもり方に、三夜しきりて見えぬ時あり。つれなうて、「しばし試みるほどに。」など、気色あり。これより、夕さりつ方、「内裏に逃るまじかりけり。」とて出づるに、心得で、 人をつけて見すれば、「町の小路なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。」とて来たり。さればよと、いみじう心憂しと、思へども、いはむやうも知らであるほどに、二、三日ばかりありて、暁方に門をたたく時あり。さなめりと思ふに、憂くて、開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。つとめて、なほあらじと思ひて、嘆きつつひとり寝る夜のあくる間はいかに久しきものとかは知る

スポンサーリンク

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 のあらすじ

浮気性の兼家と結婚した道綱の母が9月のある日、兼家がいない時に、浮気の証拠をつかんだから詰め寄ったけどのらりくらりされて頭来ちゃったって話。

『蜻蛉日記』うつろひたる菊 の超現代語訳

9月になって、ある日、兼家が出掛けたから、ずっと気になってた手紙を入れてあるお箱を何気なしにね、あくまでも何気なしなんだけど、開けてみたら、案の定他の女に宛ての手紙があったの。

驚いたっていうか、呆れちゃって、せめて私が見たってことだけでも分からせてやろうと思ってね、歌書いて入れといたの。

藤原道綱の母
貴方のことは信用できないわ。他の女に宛てた手紙を見たわ。まさか私と終わりにしようとしてるわけじゃないわよね

結構な仕打ちだと思って、これで浮気止めるかと思ったけどそれは期待し過ぎだったのよ。10月の末に三日続けてうちに来ない時があったの。

その後ある日、兼家が何食わぬ顔してやって来てね

兼家
貴女の所に来なかったのは貴女が僕を思ってくれてるか心配になって、ちょっと試しただけだよ

なんて言うのよ。

だったらまぁ許しちゃうわよね。女って単純なの。

でもその日の夕方にまた浮気の虫が動き出したのね。兼家うちにいたのに突然

兼家
宮中で急用があって呼び出された

ってあたふた出て行ったの。
もうこれはまた女だわって、私人を使って後をつけさせたのよ。
やるでしょう。

そしたら案の定
「町の小道のどこそこでお車お止めになりましたー」
って。

やっぱりねぇって、
もうマジで怒れちゃっていやぁな気持ちになってね、
なんかやってやろうと思うけど、
頭に来過ぎて何て言ったらいいのかもわかんない。

スポンサーリンク

その後2.3日して明け方に門を叩く奴がいたのよ。
もちろん兼家よ。

だけどむかつくからすぐには開けなかったの。
もう少し待たせてから開けてやろうと思ったの。

そしたらあいつすぐに諦めて例の女のとこ行ったみたい。

それで次の日の朝、このままじゃ許せないって思って、歌書いて送ったわ。
恨み節よ!

「なげきつつ ひとりぬる夜の あくるまは いかに久しき ものとかはしる」

藤原道綱の母
あなたが来ないってわかって、嘆きながら一人で寝る夜の寂しさ、
あなたわかる?!

夜明けまでがどんなに長いか、あなたわかる?!

分かるわけないわよね。
あなたなんて扉が開くのも待ってられないんだからねっ!

それをわざわざ丁寧な字で書いてね、枯れた菊に結わえて送りつけたのよ。
私結構やるでしょ。

そしたらその返事がまたあったまくるわよ。

兼家
貴女のお宅に行った時は
扉が開くまでずっと叩きつづけようと思ったけど、
急ぎの仕事入っちゃって、
迎えが来ちゃったんだよ。

訳ありだったんだ。
怒られて当然だねごめん

って。

歌も添えられてた。

兼家
全く全く貴女のおっしゃっるとおりだよ。

冬は夜明けが遅いよね。

冬ってわけじゃないけど、
真木の扉だって開くのが遅いと辛いってわかったよ

それにしても訳わかんない。よくもまぁ平気でまた来れるわよね。

あんなに怒らせてるんだから
せめてしばらくの間くらいは、
女狂いもやめて「宮中で忙しい」って言っとくべきなのにね。

そう言う風に何にもなかったみたいにするところもムカついてたまらないの。

藤原道綱母の百人一首の歌

なげきつつ ひとりぬる夜の あくるまは いかに久しき ものとかはしる

この時に詠んだ夫への嫌味たっぷりの歌が百人一首に選ばれています。
しなびた菊を添えてこんな歌を送られた夫は、どんな気持ちだったのでしょう。
彼女の機知に魅力を感じたのか、それとも嫌味に辟易としたのか・・・。
少々、興味のあるところです。

藤原道綱の母は、三大美女のひとりに数えられるほどの美女だったそうです。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ