【小論文対策】国語 高校生 直前対策 間違えやすい文章表現

小論文の勉強には時間もかかるうえに、
どのように採点されているのかわからず、
手のつけようがないという生徒も多くいます。

内容についての知識の習得や思考の訓練はここでは置いておいて、表現について考えます。

小論文の採点は、一般的にいくつかの分野ごとに配点をきめて、
その分野の採点基準を作る形で行われています。

たとえば

①構成20点
②論理性30点
③独自性10点
④説得力20点
⑤表現20点

という具合に分割して採点します。

論理性や、説得力の配点が高いことが多いのですが、
1点でも多くとるために、
「表現」の部分で減点されないことに気を遣いましょう

高校生がよく間違える文例を以下にまとめました。
この表現には気をつけて、表現の部分では満点をとりましょう。

スポンサーリンク

1主語と述語が不適応

×
「私が一番危惧することは、今の高校生はネットに依存するあまり、自分の頭で思考しなくなっています。」

こういう文をしばしば目にします。

主語が「~することは」なら述語は「~です」にしないといけません

読み直せばすぐに気付くことです。
正しくは


「私が一番危惧することは、今の高校がネットに依存するあまり、自分の頭で思考しなくなっていることです。」
×「私は、日本の高校生はもっと政治に関心を持つべきです」

なども間違いです。

2副詞の呼応の不成立

①「まさか」

×
「その仕事をまさか私がやるのですか」

突然仕事を任されて、
私がやるのはちょっと手に余るから断りたいというような時に
「その仕事、まさか私がやるんですか」とはよく聞く良い回しです。

でも、
「まさか」は打消推量の表現と呼応するので、「まさか・・・ないだろう」が正しい表現です
冒頭の言い回しは、


「その仕事をまさか私がやるのではないですね。」

が正解です。

②「たぶん」

×「それはたぶん私の分担です」

これは、ほとんど一般的になっています。が実は間違いです。

スポンサーリンク

「たぶん」は推量の表現と呼応しなければならないので、「たぶん・・・だろう」と結ばなければならないのです

ですから、この場合は

○「それは私の分担でしょう。」

が正しい表現です。

×「たぶん明日は晴れです」
ではなく
○「たぶん明日は晴れるでしょう」
に。

×「たぶん行かない」

○「たぶん行かないと思います」
に。

「思います」を推量の表現と見なせば、これは正しい表現です。

③「必ずしも」

×「そういう大変なことなら必ずしも私がやります」

こんな風に大きく間違えて使うことはあまりないですが、たまに見かけます。
「必ず」と「必ずしも」を混同している例を。

この場合は、

○「そういう大変なことなら必ずしも彼がやる必要はありません。私がやります」

となります。

「必ずしも」は打消の表現と呼応します
ですから「必ずしも・・・・ない」の形にします

「必ずしも晴れるわけではない」「必ずしもできるとは限らない」などと使います。

④「まるで」

×「そんなことは、まるで夢だから、実現するはずがない。」

「まるで」には「みたいな・ような」が呼応します
正しくは

○「そんなことは、まるで夢みたいだから、実現するはずがない」

となります。

⑤「さも」

×「ここでは、さも正しいと言っているのだが、」

「さも」は婉曲の表現ですので、「さも~ように、さも~みたい」と呼応しなければなりません

○「さも正しいように言っているのだが」

となります。

3並列・列挙の表現の不完全

①「~たり」

×「私は本を読んだり、論文を書いた。」

列挙の表現「~したり」については、「~したり~したり」と続けて列挙しなければいけないのです

○「私は本を読んだり、論文を書いたりした」

です。

×「歩いたり、走った」
は間違い。
○「歩いたり走ったりした」
です。

②「と」

×「私は小説とマンガを読みます」

これは一般化しているので、この程度で減点をする学校は少ないですが、間違いです。
「~と」は並列の表現ですので、「~と~と」と二つ重ねて使わないといけません

○「私は小説とマンガとを読みます」

が正しいのです。漢文の「与」と同じです。

まとめ

小論文は勉強にも時間がかかり、当日まで力を入れて取り組みます。

それなのに、細かい間違いで減点されたとしたら非常に悔しい思いが残ります。
「この論文はなかなか論理性に富んだ内容になっているが、文章表現でこれだけの減点があるのは残念」
という話にならないように、見直しの時には文章表現に気をつけることも大切です。

スポンサーリンク

-受験の国語, 小論文

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ