『更級日記』 門出 現代語訳 おもしろい よくわかる古文

『更級日記』 門出 の原文冒頭

東路の道の果てよりも、なほ奥つ方に生ひ出でたる人、いかばかりかはあやしかりけむを、いかに思ひ始めけることにか、世の中に物語といふもののあなるを、いかで 見 ばやと思ひつつ、つれづれなる昼間、よひゐなどに、姉、継母などやうの人々の、その物語、かの物語、光源氏のあるやうなど、ところどころ語るを聞くに、いとどゆかしさまされど、わが思ふままに、そらにいかでかおぼえ語らむ。
いみじく心もとなきままに、等身に薬師仏を造りて、手洗ひなどして、ひとまにみそかに入りつつ、
「京にとく上げたまひて、物語の多く候ふなる、ある限り見せたまへ。」
と、身を捨てて額をつき、祈りまうすほどに、十三になる年、上らむとて、九月(ながつき)三日門出して、いまたちといふ所に移る。

『更級日記』 門出 のあらすじ

父親の赴任について東の果てで育っている娘が、都にはたくさんの物語があると聞きいつか戻って読みたいと願い、ある日それがかなう。

スポンサーリンク

『更級日記』 門出 の超現代語訳

東に行く道の終点よりもずっと奥で生まれた私。

小さい頃なんて、どんなにださかったかと思うんだけど、
どういうわけか自分でもわからないけど、
ある日都には物語ってものがあるって知って、
何とかして見たいってずーっと思ってたの。

することがなくてまったりしちゃうお昼間とか、
夜ふかしして遊ぶ時とか、

お姉様やお義母様たちが、

お姉様
あの話はあぁだったわよねぇ
お姉様
あんな話もあったわよねぇ
お母様
光源氏のお話はこうだったわよねぇ

なんて所々お話になっていらっしゃるのを聞いていると、

スポンサーリンク

もう一刻も早く全部読みたいわ、見たいわっ

て気持ちが湧いて来るのよね。

お姉様方はどうして私が知りたいように
物語をきちんと暗記しておいてすらすらとお話下さらないのかしら、
無理なことよねぇ
っていつも残念に思ってたの。

本当にじれったくてたまらないから、もう神頼みよ。
等身大の薬師仏様を作って、
人がいない時に手を洗ってちゃんとお清めして、
こっそり仏様のお部屋に入っては入ってはお祈りしたのよ。

どうか仏様。世の中にはたくさんの物語があると聞いております。私をすぐにも上京させて下さって、ありったけのを見せてくださいませ

体を投げ出して床に額をつけてね一心に祈ったの。

そしたら、仏様はいたのよね。思いが通じたの。

13歳になる年に京に帰ることになったのよ!

9月3日に門出の儀式をして、いまたちってとこに移ったの。

でもね、引越しの時辛くなっちゃった。
今までずっと遊び慣れた所をね、
がんがん壊し散らかして、大騒ぎするのよね。
お酒とかも入って。

いよいよ出発の時は日が沈む頃で、
そのときすごい霧が一面に立ち込めてたの。
それだけでも悲しい景色でしょ。

なのにね、牛車に乗ろうとしてお家の方をちょっと振り返ったら、
人目を忍んで額をつけるようにしてお祈りし続けたお薬師様が
ひっそり立っていらっしゃるのが見えたのよ。

あぁ私はお願いばかりして、
お願いを叶えていただいたらさっさとお見捨てするんだわっ
て考えたらもう申し訳ない気持ちで悲しくてね。

涙が自然と出て来ちゃって、お姉様方にわからないように泣いたわね。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ