『源氏物語』桐壷 その2 現代語訳 おもしくて よくわかる 古文

【源氏物語】桐壷 その2の原文冒頭

前の世にも御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の男御子さへ生まれ給ひぬ。いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、めづらかなる稚児の御容貌なり。
一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑ひなき儲の君と、世にもてかしづき聞こゆれど、この御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。

-中略-

かしこき御蔭をば頼み聞こえながら、おとしめ疵を求め給ふ人は多く、わが身はか弱くものはかなきありさまにて、なかなかなるもの思ひをぞし給ふ。御局は桐壺なり。前さきの世にも、御契ちぎりや深かりけむ。

【源氏物語】桐壷 その2のあらすじ

桐壷更衣と帝との間に「玉の男皇子」が生まれたときの様子。主人公の登壇である。
スポンサーリンク

【源氏物語】桐壷 その2の超現代語訳 (桐壷更衣の回想風)

ワタシね、
前世でも帝と縁深かったみたいなのよね。
とうとう男の子が生まれたの。

もうこの世で見たことないくらいのすばらしくかわいらしいの、
宝石みたいよ。
しかも男の子。

帝は早く皇子を見たい見たいって、
もどかしがられて、
だから大急ぎで皇子を参上させてお見せ申し上げたのよ。

そしたら、見たことないくらい美しい赤ちゃんじゃないの。
お喜びもひとしおよ。

帝にはすでに第一皇子がいらっしゃるのよ。

その方は右大臣の女御の生んだ子だから、
世間の期待も厚くて、
誰が考えても次の皇太子だと世間で大切にされていたの。

スポンサーリンク

だっておじい様が右大臣ってことになるじゃない。
右大臣って言ったら貴族の男性の最高位だからね。
この頃はおじい様の位で孫の立場がきまったんだから。

なんだけど、私の息子は真のかわいらしさがあるじゃない。
この美しさには勝てそうにないなってなっちゃったから、
帝もね、
第一皇子に対しては一般的なお扱いになっちゃって、
私の息子を、
秘蔵っこっていうか、
大切に考えてくださって特別にかわいがる感じになっちゃったのよ。

まぁ私のことを言うとね。
私は最初から帝のお近くに寄れるような身分じゃないわけ。
何度も言っているけど、
実家がたいしたことないから。

それなのに皆さんの評判が高くなっちゃって、
上品ぶったりしてたんだけど、
帝がむやみやたらに分別なくお連れなさって、
いろんな楽器の演奏会やお歌の会とか、
催事があるたびに私を参上させるのよね。

ある時は、
帝ったら私のお部屋でお寝過ごなさっちゃって、
だからそのまま私をお仕えさせちゃったとかあったのよ。

なんか同伴出勤みたいな。
ちょっとあれでしょう。

そうやって、
むりやり私が帝のそばにお控えするように扱われるから、
そのうちに自然と私も軽い女に見られてたの、
他の人からね。

でもこの皇子が生まれてからは、
帝も私のことに格別の気づかいしてくれるようになってね。
ひょっとしたら皇太子も、
この御子がなりなさるかもって第一皇子のお母様(右大臣の女御)は疑っちゃったわね。

この女御、
弘徽殿の女御っていうの。
お部屋の名前が「弘徽殿」だったからね。

この人は他の誰より先に参上なさってたから、
帝も大切になさるお気持ちもひとしおだったのよ。
お子さんたちもいらっしゃることだし。
だからこの方のご進言はやはりご面倒にもかんじられてるし、
ちょっとご面倒にも思われてたみたい。

当然よね。

私はさ、
帝の畏れ多くもありがたいご庇護を頼りにさせてもらってるけど、
私のこと悪く言ったり、
欠点さがしする人多くてね。

だんだん弱くなっちゃって、
頼りない感じになってしまったわよ。
そんでもって、
かえってもう帝に気に入られない方がよかったかもって悩んじゃった。

私のお部屋は「桐壷」よ。
スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ