『十訓抄』博雅の三位 現代語訳 おもしろい よくわかる

『十訓抄』博雅の三位 の原文

博雅の三位、月の明かかりける夜、直衣にて、朱雀門の前に遊びて、夜もすがら笛を吹かれけるに、同じさまに、直衣着たる男の、笛吹きければ、誰ならむと思ふほどに、その笛の音、この世にたぐひなくめでたく聞こえければ、あやしくて、近寄りて見ければ、いまだ見ぬ人なりけり。我もものをも言はず、かれも言ふことなし。かくのごとく、月の夜ごとに行きあひて吹くこと、夜ごろになりぬ。

かの人の笛の音、ことにめでたかりければ、試みに、かれを取りかへて吹きければ、世になきほどの笛なり。そののち、なほなほ月ごろになれば、行きあひて吹きけれど、

「もとの笛を返し取らむ。」

とも言はざりければ、長くかへてやみにけり。三位失せてのち、帝、この笛を召して、時の笛吹きどもに吹かせらるれど、その音を吹きあらはす人なかりけり。

そののち、浄蔵といふ、めでたき笛吹きありけり。召して吹かせ給ふに、かの三位に劣らざりければ、帝、御感ありて、

「この笛の主、朱雀門のあたりにて得たりけるとこそ聞け。浄蔵、このところに行きて、吹け。」

と仰せられければ、月の夜、仰せのごとく、かれに行きて、この笛を吹きけるに、かの門の楼上に、高く大きなる音にて、

「なほ逸物かな。」

と褒めけるを、かくと奏しければ、初めて鬼の笛と知ろしめしけり。葉二と名づけて、天下第一の笛なり。

『十訓抄』博雅の三位 のあらすじ

素晴らしい笛の持ち主が鬼だったという話。
スポンサーリンク

『十訓抄』博雅の三位 の超現代語訳

博雅の三位という人が、
月がきれいな夜に直衣姿で朱雀門の前で笛を楽しんで、
一晩中お吹きなされた時のお話でございます。

三位がふと見ると、
同じような直衣姿の男で笛を吹いていた人がいたので、

三位
誰だろう。

と思っていたのですが、
そのうちに、その笛の音がこの世のものとは思えないほど素晴らしい音色に聞こえてきたのでございます。

三位は奇妙なことだと思ってその男に近づいてみると、
今まで見たこともない人でした。
直衣をつけているのである程度の位の人なのだから、
顔見知りであっても不思議はないのにです。

スポンサーリンク

二人は近づきましたが、
三位も何も言わず、
相手も一言も発しません。

こんなことをして、
満月の夜の度に二人は出会って笛を吹く、
そんな夜が続きました。

その男の笛の音は、
格別に素晴らしいので、
三位は試しに笛を取り替えて吹いたところ、
この世のものとは思えないような立派な笛です。

その後もしばらくそのまま、
月の夜になると二人は出会っては笛を吹いておりました。

男は

おれの笛を返してもらおう。
とも言わなかったので、
い間そのままになっておりました。

さて、三位が亡くなってから、
帝がその笛を持って来させて、
その時代の上手い笛吹きに吹かせたのですが、
三位のように吹き鳴らす者はおりません。

その後、浄蔵という名の上手な笛吹きがおりました。
帝がおよびなさって吹かせなさると、あの三位に劣らなかったのです。

帝は感心なさって

浄蔵よ、この笛の元の持ち主の博雅の三位は朱雀門のあたりで笛を手に入れたと聞いておる。そこにて笛を吹いてみい。

とおっしゃられたので、
浄蔵は月の夜に、
仰せのようにそこに行ってこの笛を吹きました。

そうすると例の門の楼上から大きな声で、
浄蔵よ、この笛の元の持ち主の博雅の三位は朱雀門のあたりで笛を手に入れたと聞いておる。そこにて笛を吹いてみい。

楼の上の声
やはり逸物じゃ。

と褒める声がしたのです。

浄蔵が帝にこの顛末をご報告申し上げたところ、
初めて帝はこの笛が鬼の笛であるとお知りになられたのです。

そしてこの笛は「葉二」名付けられて、日本一の笛となったのです。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ