『竹取物語』かぐや姫の誕生 現代語訳 よくわかる おもしろい

02

『竹取物語』かぐや姫の誕生の原文

今は昔、竹取の翁といふものありけり。野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使ひけり。名をば、さぬきの造となむいひける。その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。翁言ふやう、
「我、朝ごと夕ごとに見る竹の中におはするにて、知りぬ。子となり給ふべき人なめり。」
とて、手にうち入れて家へ持ちて来ぬ。妻の嫗(おうな)に預けて養はす。うつくしきことかぎりなし。いと幼ければ籠に入れて養ふ。竹取の翁、竹を取るに、この子を見つけてのちに竹取るに、節を隔てて、よごとに金ある竹を見つくること重なりぬ。かくて翁やうやう豊かになりゆく。
この児、養ふほどに、すくすくと大きになりまさる。三月ばかりになるほどに、よきほどなる人になりぬれば、髪上げなどとかくして、髪上げさせ、裳着す。帳のうちよりも出ださず、いつき養ふ。この児のかたちけうらなること世になく、屋のうちは暗き所なく光り満ちたり。翁、心地悪しく、苦しきときも、この子を見れば、苦しきこともやみぬ。腹立たしきことも慰みけり。翁、竹を取ること久しくなりぬ。勢ひ猛の者になりにけり。この子いと大きになりぬれば、名を、三室戸斎部の秋田を呼びて、付けさす。秋田、なよ竹のかぐや姫と付けつ。このほど三日うちあげ遊ぶ。よろづの遊びをぞしける。男はうけきらはず呼び集へて、いとかしこく遊ぶ。世界の男、あてなるもいやしきも、いかでこのかぐや姫を、得てしがな、見てしがなと、音に聞き、めでて惑ふ。
スポンサーリンク

『竹取物語』かぐや姫の誕生のあらすじ

竹取を生業とする老人が、生えている竹の中から美しい子どもを見つけ大事に育てて、金持ちになり、世の男性を虜にしたという話。かぐや姫の名付けの辺りまで。

『竹取物語』かぐや姫の誕生の超現代語訳

今ではもう昔のことだが、「竹取爺さま」と言う人がいた。

野山に分け入って竹をとってはとってはいろんなことに使っておった。
名前を「さぬきの造」と言った。

スポンサーリンク

ある日、竹取爺さまが採る竹のなかに根元が光る竹が一本あったのじゃ。
不思議に思って近寄って見ると、
筒の中が光っておる。
それをよーく見たら、三寸(9.9㎝)くらいの人が、
とってもかわいらしい姿で座っていたのじゃ。

爺さまが言うには
「わしが毎朝毎晩見る竹の中にいらっしゃったからわかった。この子はわしらの子どもになるはずの人なのじゃろ」

と言って、手の中にそっと入れて、
家へ持ってきて、
妻の婆さまに預けて育てさせた。

かわいらしいことこの上ない。
あまりにも小さいので、籠に入れて大事に育てたんじゃ。

それから後は不思議なことに、
この子を見つけてから竹取爺さまが竹を取る時には、
節の間すべてに黄金が入っている竹を見つけることが続いたんじゃ。
こんな具合だから、爺さまはだんだんと豊かになっていった。

この赤子は育てているうちに、
すくすくと大きく育っていった。
みつきくらいになると、
ちょうど良いくらいの背丈になったので、
爺さまと婆さまは、成人式の準備などをあれこれして、
やっと髪上げをして、裳着をしたんじゃ。

その後は、へんな虫がつくといかんからと、
とばりの中から出さないで、
それは慈しんで育てたのじゃ。

この子の清らかで美しい様子は、
この世のものとは思えないほどじゃった。
この子がいるだけで、部屋の中には暗いところがなくなって、
一面に光があふれる。

それに、爺さまが、気分が悪くてつらいような時も、
この子を見るだけで、不思議と辛さが引いていく。
苛立ちの気持ちもなくなるのじゃった。

まるで神のようじゃったよ。

爺さまは、黄金の竹を採ることがずっと続いた。
お金も勢いもある者の仲間入りをしたのじゃった。

この子もいい大きさに育ったので、
いよいよ三室戸斎部の秋田を呼んで、名前を付けさせた。
昔は、赤ん坊の時に亡くなる子も沢山おったので、
ちょっと大きくなってから名前を付けるというような習慣もあったでな。

秋田は「なよ竹のかぐや姫」という名前を付けおった。
名披露目の儀式の間は三日間も大宴会を開いて、
管弦を楽しんで、盛大に皆で楽しんだ。

世界中の男たちが、高貴なものから卑しいものまで、
「なんとかしてこのかぐや姫と結婚したい。見たい」
とうわさに聞いては、心乱していたんじゃ。

古典コラム『竹取物語』

『竹取物語』は日本最古の物語だと言われています。
それは、『源氏物語』の中に、次のような記述があるため。

物語の出で来はじめの祖( おや)なる竹取の翁物狩りの

口承文学ではなく、だれかの手になる作り物語だと考えられているようです。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ