『大鏡』雲林院の菩提講 現代語訳 わかりやすい おもしろい 古文

『大鏡』雲林院の菩提講の原文冒頭

先つころ、雲林院の菩提講に詣でて侍りしかば、例の人よりはこよなう年老い、うたてげなる翁ふたり、嫗と行き会ひて同じ所に居ぬめり。あはれに、
「同じやうなるもののさまかな。」
と見侍りしに、これらうち笑ひ、見かはして言ふやう、
「年ごろ、昔の人に対面して、いかで世の中の見聞く事をも聞こえ合はせむ、このただ今の入道殿下の御有様をも、申し合はせばやと思ふに、あはれに嬉しくも会ひ申したるかな。今ぞ心やすく黄泉路もまかるべき。おぼしき事言はぬは、げにぞ腹ふくるる心地しける。かかればこそ、昔の人はもの言はまほしくなれば、穴を掘りては言ひ入れ侍りけめと覚え侍り。かへすがへす嬉しく対面したるかな。さても、いくつにかなり給ひぬる。」

『大鏡』雲林院の菩提講のあらすじ

雲林院の菩提講にいた二人の異常なお年寄りの会話が笑えるってお話。

スポンサーリンク

『大鏡』雲林院の菩提講のおもしろい現代語訳

私こないだ、雲林院の菩提講に参拝したのでありますが、
参拝者の中に普通の人とは明らかに違って、
老けすぎて異様な感じのするおじいさんが二人、
おばあさん一人がいたんです。
三人はばったりあって、同じ場所に座ったみたいですわ。

三人ともよく似てるな。年寄りっておんなじだなぁ。

って見てたんだけど、彼らが笑って顔を見合わせてなんか言ってるから聞くとね。

おじいさん1
この何年かずうっとな、
昔の知人にあって、
どうにかして私が見たり聞いたりしたことをな、
お互いに心の隔てなくお話し申し上げたいと思っていたんじゃ。

特に今の入道殿下(藤原道長)のご様子を
ご相談申し上げたいと思っとったんじゃが、
やっと同じくらいの年の方にお会いできて、
すばらしくも嬉しい事じゃわいの。

今こそ安心して黄泉の路へ行くことができるわ。
言いたいことを言わないのは、
本当に腹がふくれるような気持ちがするものですな。

だからこそ、昔の人は何か口にしたくなったら、
穴を掘って穴の中に言いたいことを入れていたのでしょうなぁ。

重ね重ねですが、お会いできて嬉しいです。

それはそうと、お前様方はいくつになられた?

と言ったので、もう一人のおじいさんが答えてるんです。

おじいさん2
何歳かということは、少しも覚えとらんのです。
だけども、私は、
亡くなられた太政大臣貞信公が蔵人の少将と申されていたときの
小舎人童、大犬丸です。

あなたはその御代の皇太后の御召使で、
名高い大宅世継といったお方ではありますまいか。

そうであれば、あなたのご年齢は、
私よりもかけはなれて上でいらっしゃいましょう。

私が幼い子どもであったときに、あなたは二十五、六歳ほどの男でいらっしゃいましたぞ

と言ったので、その世継さんとやらが答えます。

おじいさん1世継
そうそう、そうです。ところであなたのお名前は何とおっしゃいましたかな
と言うと

スポンサーリンク
おじいさん2繁樹
太政大臣殿のもとで元服いたしました時に、
『お前の姓は何というのか。』
と大臣がおっしゃられたので
私が、
夏山ともうします。』
と申し上げたのですが、
それを聞いた大臣は、
すぐに繁樹とつけてくださいましたんです。
などと言っている。

私は本当にびっくりしましたよ。

100歳超えた人たちが集まってなんか喋ってるわけだから

誰でも少しでも身分や教養がある者は、
この人達のあり得ない年齢に驚いて、
こっちを見たり、膝を進めて近くに寄ったりしていましたよ。

そりゃ当然ですよね。

歴史書『大鏡』について

『大鏡』は、藤原道長の栄華を語るのが目的の歴史書。
ふたりの超長生きの老人が、自分たちの見てきた歴史を語るという形式がとられています。

京都紫野の雲林院で古い知り合いの老人が顔を合わせ、昔語りが始まります。
この老人たち、その名前と年齢は、

大宅世継は190歳、
夏山繁樹は180歳ほど、
という設定です。

成立は平安時代後期。作者不詳。
平安女流文学とは異なる男性目線の歴史読み物となっています。
女性的な平安文学の時代から、男性優位の鎌倉時代へと歴史が動いていく変化を感じ取ることができます。

特に有名な場面は下記の2場面。

「南院の競射(弓争ひ)」「花山院(花山天皇)の出家」

受験のためには、あらすじだけでもおさえておきましょう。

『大鏡』花山院の出家その1 現代語訳 おもしろくてよくわかる古文

また、『源氏物語』や『枕草子』などの古典を楽しみながら読む際にも、
当時の時代背景を知るうえで興味深い書です。

とくにこちらのビギナーズクラッシックスシリーズは、古典に親しみやすく工夫されていておすすめです。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ