『大和物語』姨捨 現代語訳 おもしろく わかりやすい 古文

【大和物語】姨捨 の原文冒頭

信濃の国に更級といふ所に、男住みけり。若き時に、親は死にければ、をばなむ親のごとくに、若くより添ひてあるに、この妻めの心憂きこと多くて、この姑の、老いかがまりてゐたるを、常に憎みつつ、男にもこのをばの御心のさがなく悪あしきことを言ひ聞かせければ、昔のごとくにもあらず、おろかなること多く、このをばのためになりゆきけり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【大和物語】姨捨 のあらすじ

信濃の更級で自分を大切に育ててくれたおばを山に捨てて来るお話。捨てたままになるのかどうか?!

【大和物語】姨捨 の超現代語訳

昔、信濃国の更級という所に男が一人住んでいました。
若い時に親が亡くなってしまったので、おばを親のように思って、若い時から寄り添って生活していました。

ですが、結婚して妻が出来ると事態は一変します。

この妻はいつもいらいらして、
何彼となく八つ当たりするのです。
姑についても、年老いて背中が曲がってるのを嫌がって、旦那に悪口をあることないこと吹き込んだりするのです。

すると男は、昔のような孝行息子ではなくなってしまって、このおばを足蹴にすることが多くなってしまいました。

さて、このおば年をとっていますから、
お年寄り風情で、
腰が曲がって、まるで腰で半分に折れているような格好になっています。

この嫁はこんな格好になった姑をいっそう邪魔者扱いして、
「よくもまぁ、こんなになってもくたばらなかったわねぇ」
と旦那に言うのです。

「このばあさん、お連れなさって、深い山奥にお捨てになって下さいましな」

とひたすら責めまくるのです。

すると旦那の方は、責められるのに嫌気がさして、
もう妻の言いなりにしてしまおうと思うようになったのです。

ある晩、満月で月が綺麗な日のことです。

男は決心しました。

男はおばを山に置き捨てるつもりになったのです。

「おばあさん。さあお出かけしましょう。お寺さんで今日はありがたいお勤めがあるそうですから、ご覧に入れましょう。」

と言ったので、
何も知らない姑は喜んで、
男の背中に背負われたのでした。

スポンサーリンク

二人は高い山の麓に住んでいたので、
麓から山頂まではるか遠く上がっていかなければなりません。

男はおばを背負って月明かりを頼りに山頂を目指します。
いよいよ山の高いところに着くと、
おばが下りて来られない場所を選んで、置いて逃げて来たのです。

おばは

「これこれ」
と言いましたが、男は返事もしません。
逃げるように下山したのです。

しかし、家について気持ちを落ち着かせてみると、男の気持ちは変わります。

妻にしつこく言われて、自分も一緒になって怒ってしまったのだけれども、
幼い時から長い間、
実の母親以上に大事にしてくれて、
実の親子以上の関わりだったおば。

幼い頃からのことを思い出して、悔いばかり湧いてきたのです。

夜になると、
おばを捨てて来たあの山の上から、
この上なく鮮やかに月がてきました。

男はそれをぼんやり眺めて、一晩中一睡も出来ず、
切なくて悲しくてたまらない気持ちになります。

一首詠みました。

「わたしの気持ちは晴れようがないよ、大事なおばを捨てて来たあの更級の山から、今日は美しい月が登ったんだ。あれを見てるとたまらなく辛いよ。」

そこで改心した男は山に戻っておばを迎えて連れて帰ったのでした。

この出来事があってからです。
あの山を姨捨山というようになったのは。

また、「慰め難し」と言う時に、
姨捨話の引き合いに出すのは、このお話があるからです。

豆知識

これと同じ話が『今昔物語』の三十巻にもあります。
説話文学は各地の口承文芸を元に書かれていますから、そういうことはよくあることです。

口承文芸は、その昔、
地域地域にお話が上手な語り部と言われるお婆さんやお爺さんがいて、その語りが聞きたくて、
人々が集まって楽しんだ時に話されていたものです。

ですから、庶民の気持ちがわかりやすく表現されています。

この嫁の旦那への「ちくり」も、
それに振り回される旦那も今の家庭でも聞いたことがあるようなお話ですね。

また、この話をベースに、
深沢七郎が『楢山節考』という小説にし、
その後、今村昌平が映画化しています。
映画の方は最後が悲しくて涙なしには見られません。

姨捨伝説はいくつかのパターンがありますが、
中でも山行きの途中に、
息子が一人で帰る時を思い、
背負われた姨が道々の小枝を折る話は有名です。

生きたまま捨てられるという間際になっても息子を思う母の気持ちには泣けてきます。

スポンサーリンク

-おもしろい現代語訳

Copyright© ハイスクールサポート , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ツールバーへスキップ